北海道地場の味
熨斗

熨斗対応表

(目的に応じた表書き一覧です。ご参考にしてください)

慶事・一般贈答

結び目画像

祝いのし 紅白蝶結び:一般祝事、お中元やお歳暮などには、何度でも繰り返したいという願いから、簡単に結び直せる蝶結びの水引を使用します。紅白の他、金赤、さらに特別な場合には金銀も別名「花結び」。

一般贈答
年始 御年貢、お年始、迎春、賀正
お中元 御中元
お歳暮 御歳暮
暑中見舞い 暑中御見舞い
寒中見舞い 寒中御見舞い
父の日・母の日 父の日、母の日
ひな祭り ひなまつり
クリスマス クリスマス
出産
出産祝い 御出産祝、御祝
出産お祝いのお返し 内祝(名書きは生まれた子の名)
実家から祝い寿を送る お初衣、御初着
子供の祝儀
お宮参りのお祝い 祝御宮参
神社へのお礼 初穂料、玉串料、御祈祷料
神社への御祝 初穂料、玉串料、御祈祷料
初節句のお祝い 初節句御祝、御祝
初節句のお返し 内祝
七五三のお祝い 七五三御祝、御祝
七五三のお返し 内祝
入学(園)のお祝い 入学(園)内祝、内祝
入学(園)お祝いのお返し 入学(園)お祝い、祝御卒業、御祝
卒業お祝い 卒業御祝、祝御卒業、御祝
長寿の祝儀
長寿祝い(全般) 寿福、賀寿、祝御長寿
数えで61歳以上のお祝い 祝還暦、還暦御祝
数えで70歳以上のお祝い 祝古稀、古稀御祝
数えで77歳以上のお祝い 祝喜寿、喜寿御祝
数えで80歳以上のお祝い 祝傘寿、傘寿御祝
数えで88歳以上のお祝い 祝米寿、米寿御祝
数えで90歳以上のお祝い 祝卒寿、卒寿御祝
数えで99歳以上のお祝い 祝白寿、白寿御祝
数えで100歳以上のお祝い 祝百寿、百寿御祝
数えで108歳以上のお祝い 祝茶寿、茶寿御祝
新築・改装
上棟式のお祝 祝御上棟、祝上棟式
上棟式のお返し 上棟記念、内祝
新築祝い 新築御祝、御祝
新築祝いのお返し 新築記念、内祝
引越しの挨拶 粗品、御挨拶
増・改築のお祝い 改築御祝、御祝
マンション購入のお祝い 祝御新居
ビル・社屋などの完成祝 祝御落成、新社屋落成御祝
ビル・社屋などのお祝のお返し 記念品、内祝
神社や寺の完成、改修のお祝い 落慶記念
開店・開業
開店(開業)のお祝い 開店御祝、開業御祝、御祝
開店(開業)お祝いのお返し 開店記念、記念品、内祝

結納・婚礼

結び目画像

祝いのし 結び切り(10本):固く結ばれて離れないことから、主に婚礼関係の祝事に使用。水引の数が奇数ではなく偶数の10本なのは、“夫婦は二人で一つ”という意味で5本を二つに合わせたものを一組とするためです。

結婚
結婚祝い 寿、御結婚祝、御祝
結婚祝いのお返し 寿、内祝
寿(名書きは両家の名を書く) お初衣、御初着

御見舞い

結び目画像

祝いのし 結び切り(5本・7本):重ねて起きてほしくないとの思いを込めて、お見舞いや全快・快気祝いなどに用いられます。お見舞いの場合、“病気を延ばす”と受け取る人もいるため熨斗なしの場合もあります。

見舞い
全開しない場合のお返し 御見舞御礼
医師や看護婦へのお礼 御礼

弔辞

結び目画像

仏のし 仏・藍銀水引:二度と繰り返したくないお悔やみ全般に対しては、水引は結び切りで一般的に黒白を使用します。もともとおめでたい時の贈答品に用いられていた熨斗も、もちろんつけません。

弔辞
仏式葬儀 御霊前
仏式葬儀の御香典返し
神式葬儀 御霊前、御玉串料、御榊料
神式葬儀のお返し
キリスト教式葬儀 御霊前、御花料
キリスト式葬儀のお返し
寺院へのお返し 御布施
仏事の年忌法要 御仏前、御供物料
仏事の年忌法要引出物